So-net無料ブログ作成

THE ALFEE@大宮《本編編》 [┣ '17 LIVE (THE ALFEE)]

『Best Hit Alfee 2017 秋フェスタ』
大宮ソニックシティ 本編の巻

12/6 1:13 UPDATE
ネタバレ指数23

★★★コメント欄あたりにジャンプしたい方はコチラをクリック★★★



毎ツアー恒例の大宮。
そして大宮へ行く際の小さなお楽しみと言えば
横浜から上野東京ラインの普通車グリーンで
ゆったりと(そして爆睡しながら)現地に向かうこと。

今回もご多分に漏れずそんな計画でいたのだけど
出掛けようと思っていた30分くらい前に
電車の時間を再確認しておこうと、スマホの乗換案内アプリを開いたら
京浜東北線川口駅での人身事故のため
京浜東北線の他、宇都宮線や高崎線も運転見合わせになっているという。

なぬーーーっっっ( ̄口 ̄;)。
上野東京ライン、ダメじゃん…_| ̄|◯。

とりあえず、予定よりもちょっと早く家を出よう。
そしてとりあえず京急で品川まで出よう。
そしてその時点で運行状況がどうなっているかによって、
その先の経路を考えよう。
ま…最悪は山手線で東京まで行って、そこから新幹線だな。

品川に着くと、京浜東北線は既に運転再開。
でもダイヤはまだ乱れているだろうし時間もかかりそうだ。
あ、そうだ。埼京線があるじゃないか。
調べてみるとこちらは通常運転している模様。
大崎から埼京線に乗ろう。

山手線で大崎まで行って、そこから埼京線の通勤快速に乗車。
ほどほどに混んではいたが幸い恵比寿で着席でき、
大宮に着いたのは17時30分過ぎ。ほぼ当初の予定通り。
ただ、乗り慣れない埼京線…大宮で降りた際に
一瞬「ここは大宮駅のどこなんだ(-“-?」となったことはナイショだ(笑)。

外に出ると、小雨が降っている。
駅から会場までの短い距離で、わざわざ折りたたみの傘を広げたくはなかったが
やっぱりちょっと耐えられなかったので仕方なく傘を開いた。

既に入場は始まっていたのでそのまま中へ。

本日の座席:1階33列50番台。
後ろから2列目である。
アタシ的には、秋フェスタ6本目でMYファイナルになる。
(もちろんまだ冬フェスタ武道館2daysと大阪城ファイナルがあるけれど)。
参加した秋フェスタ6本全て1階席だったということは
アタシにしてはもう超・上出来。

何をするでもなく、ボーッと開演を待つ。
18時15分に、諸注意のアナウンス。
しばらくして「まもなく開演」のアナウンス。
時計を見ると、18時25分。
どうやら今日は定刻18時30分スタートらしいo(^-^)o(ワクワク)。

18時30分頃、おもむろにそれまで流れていたクラシック曲のBGMが
スッ…とフェイドアウト。
おっ、始まる始まる!と条件反射的に立ち上がる。

既に耳慣れた感のあるオープニングSE。
それに合わせていつものように手拍子が始まるのだけど
SEのリズムよりも手拍子のリズムの方が走ったりすると
オーディエンスの逸る気持ちが伝わってきてドキドキする。

途中、不思議なカタチのオブジェが天井から降りてきて
再び上がり始めると、その後方にメンバーの姿が現れる。
逆光になっているので、まだ顔などはよくわからない。
曲調が変わったところで順光になり、3人の姿がハッキリと見えるようになる。

桜井さんと幸ちゃんの衣装は今まで通りだが、
王子の衣装は今日は黒のスーツスタイル。
黒って言ったって、もちろんキラキラしてはいる。
王子にしては地味(笑)だが、こういうシンプルな衣装、好き。
柄物ではなく無地なのがまたイイ。
(遠目なので無地に見えただけで、実際はわからんけども)
ジャケットの下の、胸元フリルのシャツも黒。
サングラスも黒。渋ーい(≧▽≦)。
髪はワッフルウェーブ。

1曲目は“この素晴らしき愛のために”
王子のギターはESP SNAPPER TAKAMIY Custom。
2コーラス目だったか、3コーラス目だったか
サビを歌いながら軽く片足跳び。今日もド頭からノリノリの模様…(^m^)。

2曲目は“メリーアン”
自分自身はこのツアーで聴くのは初めてだが
(グッズ紹介コーナーで替え歌は毎回聴くけど…)
“メリーアン”自体は先週末の鹿児島で演奏しているようだ。

歌前の「♪ジャララジャララジャジャッ、ジャジャジャッ!」の時の
照明がカラフルで、なおかつめくるめく動きをしていて物凄く綺麗。
思わず「うわぁ♥」と声を上げそうになるほどだった。

3曲目は“Juliet”
王子のギターはここまでSNAPPER TAKAMIY Customのままだった。


ここで恒例、幸ちゃんの短いMC。

幸「こんばんはーっ!。
  さぁ、やってまいりました大宮。
  しかも今日は秋フェスタ、関東ファイナルでございます。
  今年あったヤなことやうまく行かなかったこと、全てここに置いていって、
  次のアーティストさんに持ってってもらいましょう(笑)。
  1階のみなさん!、2階のみなさん!、
  その調子で盛り上がっていただきたいと思います。
  最後までよろしくーーー!」

ちなみに調べてみたら翌日の12/1は特にイベントはなく
12/2は「第27回埼玉政財界人チャリティ歌謡祭」だって。
…なら、まぁ置いてってもいっか(小声^o^;)。

4曲目は“創造への楔”
王子のギターはMetal White Cross-T。
なんだか今年の大阪国際女子マラソンなんて、つい最近だった気がする。
来年の大阪国際女子マラソンのイメージソングは
既に完成しているのだろうか…。ここ最近の1年って本当に恐ろしく早い。

曲が終わると、幸ちゃんはアコギをハンドマイクに持ち替え
王子はギターはWhite Cross-Tのまま、ステージ中央前方に。
“Shout”
王子と幸ちゃん、花道へ。
1コーラス目は、幸ちゃんが右、王子が左。
2コーラス目は、王子が右、幸ちゃんが左。

2006年の楽曲で、メンバーは当時既に50歳を過ぎていたが
その当時から「若々しい歌だなー」と思っていた。
齢60を過ぎた今でも、この曲を歌っている3人は
なぜだか妙に若々しい。
個人的には特に
「♪わーけーもなく叫びつづけーろ明日の自分に向かーあってー」
この部分が大好きだ。

そして6曲目は待ってました!の“孤独の美学”
王子のギターは、美しすぎるESP GK-081 AMOROUS-CTM-FR。
見どころはなんと言っても後奏のギターソロ。
「♪ラーラァーラー ラ ララララ・ラララー…」と歌いながら
ステージ前方にゆっくりと進んでくる王子。
そしてそのままギターソロに突入。
最後は自分の立ち位置に戻って、ラストは開脚ジャンプ?!
…を期待したのだが、今日はなかった_| ̄|◯。
(と、ここではちょっとガッカリしたのだが…実はこのあと本編ラストでスゴいことに!)。


ここで幸ちゃんのMC。
まずはオーディエンスを着席させて
《今日がこの秋の初日の人》《生まれて初めての人》をアンケート調査。
《今日がこの秋の初日の人》に対して、
「僕なんかもラジオでなるべくネタバレしないように気を遣ったりなんかしてますけど。
  そういうメールは読まないように、結構気ぃ遣ってんですよ」
と幸ちゃん。

幸「さぁ、そんな秋フェスタですけれども、
  どんな意気込みなのか、この方に聞いてみたいと思います。
  2階のみなさんよろしいですか?。
  盛大な拍手でお迎えください、桜井さーーーん!」

今日も、横須賀同様プレスリーの“Love Me Tender”で登場。
ず〜っとイイ感じで英語で歌っておきながら、最後の最後で…

桜「♪あ〜ん〜たの〜すべてが〜〜 め〜ちゃ〜好〜きやね〜ん…」

と、今日もなぜか関西弁。

幸ちゃんから「それ楔でしょ?」「創造の楔でしょ?」と
どんどん先に言われちゃって「先に言うなって!(▼▼)」と怒る桜井さん。

桜「これは創造の楔です。さっき4曲目にやりましたね」
幸「4曲目にね」
桜「この秋フェスタの意気込みをって言うから、
  気合いを入れるために心に楔を打とうと思って。
  今日は大宮なんで、おまえに楔を打ってやる。
  …と思ったんだけど、今日は自分で打ちます。えいっ!」

自分で自分のお尻に楔を突き刺す桜井さん(^^;。
そういえば、今日は「ナグリ」を持ってない。
ちなみに突き刺した時の効果音が…

「ワン!」

という犬の鳴き声(効果音byただすけくん)。

幸「なんで犬なんだよ」
桜「もっと力強いのないの?。じゃぁもう1回行きます!」

「ワンワンっ!」

この後、どういう流れでそうなったのか忘れてしまったけど
一旦ステージ下手に引き上げて、今度は一升瓶を片手に
「ウィィィ〜」と酔っ払い状態で出てきた桜井さん…(^^;。
一升瓶からグビグビとラッパ飲み(のフリ)。
そこに既にこの秋すっかりお馴染みとなった
“伊勢佐木町ブルース”のイントロが流れてくる…

♪タラッタタラララッタタ…
桜「ウィッ…ヒッ…」
♪タラッタタラララッタタ…
桜「ウゥィッ…ウィッ…ヘックション!(←カトちゃんのまね)」
幸「うまいねー(笑)」
桜「…あんたも好きねぇ」
幸「一升瓶持って出てくる人って誰だっけ」
桜「ラッキー7?」
幸「ラッキー7か。…つったって、みんな知らないよ(^^;」

幸「はい、この秋もダメダメな桜井さんでしたけども
  もっとボケボケのこの方をお呼びしたいと思います。高見沢さーーん!」

ここはいつものようにクリスタルキングの“大都会”のイントロ。
しかし、この期に及んで普通に“大都会”を歌うとは思えない(笑)。
果たして今日はどんなオチなのか…(^m^)。

高「♪あ〜あ〜〜〜〜…」

あれ?オクターブ低い?!…と思ったら、

高「♪あああああ〜〜〜〜」

ドラマ『北の国から』のテーマソング(笑)。
王子のさださん、久々に聴いたけど似てる!…うまい!(^m^)。

幸「なんだよ、いつも♪ア〜〜〜ア〜〜〜〜ッ↑↑↑ってやるのに」
高「そろそろみんな飽きてきたかと思ってさ」
幸「いきなり大都会から寒いところ行っちゃって(笑)。

王子の手には、今日も巨大わさび。
「これを毎日お酒を飲んでる桜井に飲ませると元気になります」
ということで、巨大わさびを桜井さんのお腹に刺す王子。

一瞬の沈黙の後、流れてきたのは“明るい伊勢佐木町ブルース”(笑)。

♪タラッタタラララッタタッ!
桜「アー!アー!ヽ(^。^)丿」
♪タラッタタラララッタタッ!
桜「アー!アー!…ハィサィおじさ〜ん、ハィサィおじさ〜ん…」
幸「なんだよ今度は暑いとこ(沖縄)行っちゃって」
桜「これがホントの《肝臓へのわさび》!」
幸「…えーー、これは何が面白いのかってーと
  えーー…今日もやりますけどもぉー(笑)
  お嬢さん、おわかりになりませんか?、
  肝臓と創造をかけましてー、わさびと楔をかけましてぇー…
  …ガンターン!」

♪チャンチャン

続いて、桜井営業部長による秋ツアーパンフ紹介コーナー。

桜「今回のツアーパンフも凄いです。
  巻頭特集ではなんとメンバーが名画に登場。
  …(中略)…
  いつものように大きく引き延ばしてまいりましたが、
  今日はなんと!今までのものを全部ご覧いただきます!」

ステージ下手から、パネルの束を持って出てきた王子。
8枚のパネルを軽々と持ってきた(◎_◎)。
それを幸ちゃんと手分けして、
それぞれのマイクスタンドの前に立て掛けたりして並べ始めるが…遅い(^^;。

桜「…捗りませんねぇ(▼▼)。
  いつもスタッフには『もっとキビキビ動け!』とか言ってるくせに
  自分達は遅いですねー」

そんな中、最後の『ビジー・ライダー』のパネルを持った王子、
もはやどのマイクスタンドの前もいっぱいで置く場所がなくなり
右往左往した後、無理矢理ステージの階段に立て掛けようとするが、
当然の如く滑り落ちる。

客「あぁ〜…」
桜「またそうやってテキトーなことをする…」

幸ちゃんがパネルを拾い上げ、他のパネルと同様、
どうにか器用に重ねて立て掛ける。

桜「今日はなんと!本日ご来場のみなさんの中から
  ツアーパンフレットをお買い求めの方っ!
  あそこにいる係の人に
  『ツアーパンフ買いました!(^o^)/』と言ってください。
  そうすると先着8名様に…『あぁそうですか(^_^)』と」

桜「どうせみんな本気にしてないよね。まだ使わなくちゃいけないんだから。
  大体、今日これ貰って帰っても困るでしょう。
  電車の中とかどうするんですか。外は雨も降ってるし」

なんだかちょっと2000回記念ライブの時にもらった
人文字用のカラーボードを思い出してしまった。
あれを抱えて電車に乗って帰るのは確かにちょっと恥ずかしかった(^o^;。

高「雨が降ったらこーすりゃいーじゃん」

パネルを頭の上の乗せて雨よけにする王子。

桜「外はそれでいいですけど、電車に乗ったら
  雨がそこ(パネル)からダァ〜〜〜ですよ。
  周りのみなさんに迷惑がかかるでしょう」
高「電車の中じゃこーして隠れてればいいじゃん」

『ビジー・ライダー』のパネルの後ろに、小さくなって隠れる王子(^^;。

桜「おまえ電車乗ったことないだろ」
高「ありますよ!。…挟まったこともあります」

…ウケる(^m^)。

今度は並べたパネルをせっせと片付け始める王子。
それを、手伝いもせずに眺めている幸ちゃんに、桜井さんが一言。

桜「アナタ(坂崎)手伝おうって気はまったくないんですね。
  二人でやった方が効率いいでしょー!」

そう言われて、最後に1枚残ったパネルだけ運ぶ幸ちゃん。
しかも王子に手渡しただけ(笑)。
そして王子、その最後のパネルで桜井さんに向かってぶわっと扇ぐ。

桜「寒いっ!!!(▼0▼)」

続けて幸ちゃんに向かってぶわっと扇ぐと…

桜「飛んじゃうから!」
高「飛んじゃう?!」
桜「飛ばない角度がありますんで。斜め30度くらいのところが…」
幸「飛ばないって!」

高「ハイ、それじゃそろそろシメてください」
桜「ハイ、かしこまりました。
  この秋のツアーパンフ、一家に一冊と言わず
  もう、一家一人一人に一冊でお願いします!。それでは…マタッ」

この、桜井さんの「マタッ」が、「横から観てるとかわいい」と幸ちゃん。
マイクが高い位置にあるから、
腰を落として顎を挙げて「マタッ」ってのがかわいいらしい(笑)。

幸「それでは本業の方に移らせていただきたいと思います。
  これは2016年のシングルでございました。
  聴いて下さい、“今日のつづきが未来になる”

ヤッター!ヽ(^。^)丿。
王子のギターは(おそらく)Jeff Beckモデルの白いストラトキャスター。
この歌は、昨年リリースされたばかりの曲だけど
う〜ん…やっぱりいい歌だ〜(シミジミ)。

座りコーナー1曲目がこの曲で、
おそらく3曲目はいつもの“あなたに贈る愛の歌”で…
2曲目の幸ちゃんボーカルのところで、なんの予告もなく
いきなり“人間だから悲しいんだ”をやっちゃう…とか
そんなことは…ないかなぁ…ないよなぁ…ないよね…。

“今日のつづき〜”と“あなたに贈る〜”と“人間だから〜”を
勝手に三部作化しているアタシはほんのちょっとだけ
期待していないではなかったんだけど
そんなことはやっぱりなかった(^o^;。

ここはいつもの“悲しみが消える時”
王子のギターはESP Stream-GT(White/Pearl)。

そして“あなたに贈る愛の歌”
王子のギターは再びSNAPPER TAKAMIY Custom。
フォーラム、横須賀と、なぜかあまりグッと来なかったのだけど
今日はなんだかドキドキしてビリビリきた。



ここで、王子のMC。
まずはサポートメンバーの紹介。

高「まずはドラムス、吉田太郎ー。
  太郎ももう長いです。10年以上になりますね。
  あと100年くらい頑張ってもらおうと思っています」
高「そしてキーボード、ただすけー。
  彼も長いですね。もうすぐ10年になるのかな?」
た「10年目です(^^ゞ」
高「10年目か。じゃぁあと1年頑張って欲しいと思います」
た「( ̄口 ̄;)」
高「え?もう少し?。じゃぁあと1年3ヶ月頑張ってもらおうと思います。
  って小出しにしてどーすんだ(笑)」

いつもいじられ役のただすけくんだが、
「二人ともコーラスも出来ますので、非常に頼りになります。
 今後ともよろしくお願いしたいと思います」
と、王子からは厚く信頼されているのであった。


「ツアーでいろんなところに行くけれど、演奏する曲は大体同じ。
 でも同じ曲でも、その日によって違って感じられることがある」
と王子。
バラードなんかは力が入っちゃったり、抜けちゃったり(笑)。
昔作った曲は、作った当時のことなどが思い浮かんだりするらしい。
でも今日の座りコーナーで演奏した
“今日のつづきが未来になる”も“あなたに贈る愛の歌”も比較的最近の歌なので、
「大した思い出はない」のだそうだ。…そんな、身も蓋もないことを…(^^;。

高「このまえラジオで質問されたんだけど、
  『大人になったと感じたのはいつですか』って。
  僕が大人になったと感じたのは…愛を知った時、かな(ニヤ)」
客「♪ヒュ〜」
幸「ウソつけ!もっとくっだらないこと言ってたろ!」
高「だからそれはラジオを聴いてもらえば…(^^;ゞ」

高「これだけ長くやってると、僕らの間にも愛はあります。
  このまえ坂崎が僕に指輪をくれたんですよ。
  『高見沢、これおまえにやるよ』って。
  バルタン星人の指輪なんですけど。
  バルタン星人とウルトラマンとゴジラのやつ。
  クロムハーツだって言うんですけど、どう見ても全然違うんだよ(笑)。
  下北沢のバッタもんだっつってましたけど」

高「嬉しくてずっとはめてたら外れなくなっちゃって」
幸「あれ、広げられると思うよ」
高「食い込んじゃって。外れなくて、手に傷つけちゃったよ」
幸「あらっ。心も傷ついた?」
高「心はあったかくなった。…って、何を言ってんでしょう(^o^;」

高「僕らはもう立派に大人ですからね。
  もうお釣りがくるくらい立派に大人です」
幸「お釣り?。…お釣りちょーだい」
高「おまえは何が欲しいんだっ!。身長の他に何が欲しいんだ?!」
幸「…毛」
高「(^o^;」
幸「…眉毛?」

高「まぁ、いろいろな歌があるということで…」
幸「そんな話してないだろ(笑)」
高「いろいろな愛の歌がありますけど…」
幸「そんな話、ひとっこともしてねぇだろ」
高「したかったんですけど、横道に逸れちゃいました。
  いろいろな歌があると、今の時代にぴったりの歌もあるということで、
  この歌をお送りしたいと思います。“My Best Friend”

こんなにグダグダな曲紹介でも(^o^;
始まってしまうと、ガラッと空気が変わるのがアルフィーのスゴいとこ。

そういえば、今日のこの曲での王子のギターは
珍しくFlying Angel Fantasia。へー、今日はここで使っちゃうんだ。
ということは、今日のオーラスではこのギターは使わないのかも?。
ということは、今日のオーラスは王子が歌うバラードじゃないとか?。
まさか、オーラスで新曲やっちゃう???。…いやいや、ないか。

“My Best Friend”が終わると、
なんと、ステージ下手からスタッフがサーッとステージに現れて
幸ちゃんの横に、スタンドに立てられたアコギを置いて
疾風のように去っていった。

まさか!!!(★▽★)

始まったのは、重金属的イントロ!。
でーーーーたーーーーー!!!(≧▽≦)。
“Count Down1999”
まさかこの後半部分で曲が変わるとは思ってもみなかったので
ビックリ&大コーフン。
この秋ちょっと鉄分欠乏気味だったので(笑)嬉しかった〜。

そして何故か今日は王子のギターの音がやけによく聞こえて
Bメロではこんな音を出してるんだ!と個人的な新たな発見があった。

そして…

今やこの秋フェスタの目玉と言っても過言ではない
“シュプレヒコールに耳を塞いで”
王子のギターはMartin D-45(多分)。

あんなに激しい曲の直後なのに、まったくもって迫力で負けてない。
とにかく、間奏の幸ちゃんと王子のアコギの掛け合いが
言葉にならないくらい凄まじい。
回を追うごとに、どんどん凄いことになっていってるような気がする。

聴いてるこっちはだんだん呼吸が浅くなって、
気が付くと息が止まっていて
間奏の終わりを示す幸ちゃんの♪ジャラ〜ンというストロークで
思い出したように深呼吸(・o・)。

『Alfee Get Requests!』に収録されているバージョンも相当カッコイイけど
やっぱり生はチガウ!。ライブって凄い。

曲が終わると、客席からはこれ以上ないくらい盛大な拍手。
今日も、次の曲に繋がる鐘の音が掻き消される。

“シュプレヒコール〜”の余韻を引き摺りつつ“祈り”
王子のギターはGK-081 AMOROUS-CTM-FR。
最近はすっかり’58年製のレスポール・カスタムの出番はなくなってしまった。
やっぱり高齢につき、ツアーでのロングランはキビシイのだろうか(^^;。
武道館で復活してくれることを期待したい。

とはいうものの、GK-081 AMOROUS-CTM-FRも
見栄えも音もカッコイイ(*^^*)。
後奏のギターソロの後の、シメのジャン!の時の
王子のキメポーズにシビレた…。

ステージ上に、スモークを残したまま“幻夜祭”
メンバーの背後では、4本のトーチが燃えさかっている。
アタシの席からだと、幸ちゃんの頭とトーチの炎がちょうど重なって
幸ちゃんの頭が燃えているように見えちゃって(^o^;(^o^;(^o^;。。

これまでこの曲での王子のギターは
(少なくともアタシが観てきた中では)Flying A-IV(Red/Black)だったけど
今日はESP SV-FR(White)。
なんだか今日は「白いギター」が多い気がする。
GK-081 AMOROUS-CTM-FRとマーチンD-45以外は
すべて白(っぽい)ギターではないだろうか。
どのギターも衣装とマッチしていて見た目にもカッコイイ。

本編ラスト…王子のギターはみたびSNAPPER TAKAMIY Custom。
ステージ上の階段の縁に立った王子が、
暗転したステージの上で、最初のストロークを掻き鳴らす。
オーディエンスの手拍子。

“Heart of Justice”
今日のコンサートが終わっていく寂しさと
秋フェスタがまた1本終わって、ツアーも終わりに近づいてく寂しさが
じわじわと押し寄せてくるイントロとAメロだったが…

サビ!!!

いつも「♪JUSTICE!  IN M〜Y HEA〜RT…」と歌いながら
ぴょんぴょん跳ねながら歌う王子だが
今日は「♪JUSTICE!」の「♪ジャス」で開脚ジャンプ!(≧▽≦)。
しかも最初だけでなく、次の「♪JUSTICE! IN YOU〜R HEA〜RT…」の
「ジャス!」でも開脚ジャンプ!。
次も!その次も!2コーラス目も!!、3コーラス目も!!!。
つられてこっちも一緒になってジャンプ!
(もちろん開脚はできないけども^o^;)。

最後の方の、伴奏がなくなってドラムだけになるところだけは跳ばずに
あとは全ての「ジャスティス!…」でジャンプしていたのではないだろうか。
1回だけちょっとヨロッとなったような気がしたけど(ヒヤヒヤするから〜^o^;)
曲の終盤になってもジャンプの高さも開脚具合もキープしたまま(◎_◎)。
王子…おそるべき63歳。

大好物の「王子の開脚ジャンプ」を、これでもか!と見せつけられ、
「♪Heart of Ju〜〜〜sti〜〜〜ce…」と歌いながら
♪タタタタ・タラララーラ・タタタタ・タララタララー…と
イントロのリフを奏でる姿にほれぼれするという、
眼福すぎる“Heart of Justice”…

ラストはステージ中央で、両腕を広げて

「Heart o〜f …  Juーーーーーstiーーーーーーce!!!」

その後も、ギターを掻き鳴らしながら
「ジャーーースティーーース!…アアアアアアアア〜〜〜〜!!!」とシャウト。
最後は「どーもありがとーっ!」と叫んで、客席にピックをポイッ。


イ゛ヤ゛ァーーーーーー…  凄かった…(◎0◎)。




《TO BE CONTINUED…アンコールへつづく》 

nice!(2)  コメント(6) 

nice! 2

コメント 6

ナッキー

帰りの電車の中です。

開脚ジャンプ、大放出でしたね(^.^)
秋ツアーも2ヶ月が経ち少しずつメンバーも壊れてきて(^^ゞ今日はマサルさんがおかしくなってましたね(^.^)

オーラス、幸ちゃんのハーモニカが良いですよね(^.^)
by ナッキー (2017-11-30 22:22) 

かりりん

お疲れ様でした(^_^)

わ〜っ、開脚ジャンプ大放出だったのですか?!いいなぁいいなぁ!私も見たかったです〜。

すごかったライブのレポ、お待ちしております(*^_^*)
ワクワク、ワクワク♪
by かりりん (2017-11-30 22:58) 

YAYOI

お疲れ様です。
私も先程帰宅しました。
あんなに飛んだのは初めて見ました。
宇都宮以来の参加なので、あそこはあんなだっけ?みたいな箇所がちらほら。
これから梅屋さんのレポを読み直しまーす♪
by YAYOI (2017-11-30 23:20) 

さくら

お疲れ様です
私も大宮参加してきました
私の中で この秋一番でした!
桜井さんはメチャクチャ壊れてたし、たかみーは初めて愛を感じたときの話で照れて可愛かったし、とにかく笑い疲れました
そして、たかみーの開脚ジャンプに合わせて私も何度もジャンプして足ガクガクです
私の秋は終わりましたが、武道館まで大宮の余韻で頑張れそうです(^-^)

by さくら (2017-12-01 00:52) 

みかちん

おはようございます。

通勤電車の中で・・・・読んでます。
孤独の美学から 本編ラストに飛んで 開脚ジャンプにレポへ
凄〜い(@_@) 見たかったなぁ〜。
ニマニマして 少々怪しい人なりました(^_^;)

続きは また後にします。
ありがとうございました。
by みかちん (2017-12-06 07:50) 

梅屋千年堂

>ナッキーさん
開脚ジャンプ、凄かったですねー。
1週間経とうとしている今でもまぶたに焼きついています。
オーラスはまたまたイントロで秒殺でした〜(T^T)。




>かりりんさん
ジャスティス開脚ジャンプ(変な名前つけるなって?笑)
週末の名古屋でも観られるといいですねー。
お土産話、待ってまーす。




>YAYOIさん
ホント、去年の春の“Good Times Boogie”や
今年の春の“エメラルドの伝説”以上の連続ジャンプでしたよねー(*^^*)。
ジャンプフェチ(笑)としては、もう〜ヤラレまくりの大宮でした。

宇都宮以来だとすると、コントのネタなどは
結構変わっていて「おぉっ?!」という感じだったのではないでしょうか。
これだから1ツアー何度も行きたくなってしまうんですよね(うまいなぁ笑)。




>さくらさん
アタシも年甲斐もなく、王子につられてジャンプしてしまいました〜(^^;ゞ。
楽しかったですね(*^^*)。
アタシも武道館までしばしおあずけです。
仕事も忙しい時期ですが武道館まで頑張りまーす(^o^)/。




>みかちんさん
孤独の美学から本編ラストにジャンプしたにもかかわらず
通勤電車の中でアヤシイ人になっちゃいましたか(^o^;。
アタシは大宮後、
「挟まったこともあります」
「アンタはエライ、エビフライ」
「生命の息吹がーーーっ」
これらが仕事中突然ボディブロー的に時々じわじわ効いてきて困っています(笑)。

by 梅屋千年堂 (2017-12-06 19:01) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。