So-net無料ブログ作成

トークイベント [THE ALFEE]

THE ALFEE『Battle Starship Alfee』発売記念
D賞「トークイベント」

9/5 0:43 UPDATE。
〈大体な感じ〉でご覧いただければ幸いです。

★★★コメント欄あたりにジャンプしたい方はコチラをクリック★★★



それは幕張での夏のイベントが終わって
そろそろ1週間経とうかという8月10日のことだった。
巷ではアルバム応募特典の当選ハガキが届いたという報告が出始めていた。
万が一に備えて8月31日に午後半休を申請しておきつつも
「当たるわきゃ〜ないよ┐(´_`)┌」と帰宅。

すると、ネット通販で注文した荷物の上になにやらハガキが1枚…。
どうせまた何かのDMだろう…と近づいて見てみると
「THE ALFEE『Battle Starship Alfee』キャンペーン事務局」から。
えっ?とハガキをひっくり返して観ると
「ご当選おめでとうございます!」とD賞トークイベントの招待状(O_O)!。
あた、あた、あた…当たったーーー(°°;))。。。。・・((;°°)。
仕事の疲れが一気に吹き飛んだ。


というわけで当日、8月31日(土)。
次の公休日に出勤することになったので、
その代休として結局終日お休みをいただいたヽ(^。^)丿。

この日はESP Museumで数量限定のTakamiy Original Pickが
販売されるということだったので、買いに行こうか迷ったけれど
どうしても朝の早い時間から行く気にはなれずに諦めた。

ところが昼過ぎ、12時頃にESP Museumへ行ったという友人から
「ピック普通にあったよ。整理券が余ってる感じ」とメールをもらい
更にESP Museumのツイッターをチェックしたところ
ピックがまだ残っているというような情報を見て気持ちがザワザワ…。
えーっ、まだあるんだ。どうしよう。
でも今から行っても渋谷に着くのは1時間以上あとだ。
さすがにその頃には売り切れているのでは…?。

うーん、でも一か八か行ってみるか。
なきゃないでもう一度御神木ギターを拝んできてもいいし。

というわけで14時前に自宅を出発。
14時ちょっと過ぎ、自宅最寄り駅に着いた時点で
再度ESP Museumのツイッターをチェック…

「数量限定商品『Takamiy Original Pick』は大好評につき完売いたしました」

と26分前…( ̄口 ̄;)。

はぁ〜やっぱり_| ̄|◯。
まぁでも渋谷に着いてからじゃなくて良かったじゃないか。
とは言うものの、今更自宅に戻るのも面倒臭いので
そのままトークイベントの会場の近辺まで移動し
その周辺で時間を潰すことにした。

土曜日の都内某所は買い物客で大賑わい。
カフェに入るにも30分待ち。
でもこの待ち時間のお陰で大分時間が潰れた。

美味しいケーキと美味しいお茶で軽く腹拵えして
ちょっと早めではあるが17時15分頃現地に到着。
同様にD賞に当選した友人と合流し、トークイベントの開場を待つ。

どうやら場内ではまだサイン会実施中の模様。
お名前とサインが書かれたメンバーの写真入りの台紙(?)を手に
みなさん嬉しそうな表情で中から出てくる(*^^*)。

17時45分を回った頃、トークイベントの受付が始まった。
1〜30番、31〜60番、61〜90番…と30人ずつ受付。
アタシは100番台。
カウンターで当選ハガキと身分証を提示し本人確認。
その後、当選ハガキと引き換えに座席のクジ引き。
引き当てたのはGの一桁番。
このアルファベットが列だと思われるので、たぶん7列目…かな。

座席が決まっても、まだ場内の準備が出来ていないのか
すぐに中に入ることができず、しばらくロビーで待機。
場内に入れたのは確か18時15分頃だっただろうか。

座席は予想通り、アルファベットAが最前列で
左右は左から1、2、3…と続く。
全部で何列まであったのかチェックしなかったけど
G列は真ん中よりちょっと前。

ステージは客席よりも一段高くなっていて
メンバーが座るであろうカウンターチェアが3つ。
横のテーブルにはストローのささったペットボトル(中身はたぶん水)。
『Battle Starship Alfee』のジャケ写と曲名が書かれたパネルが両脇に2枚。
(トークで使うのか思いきや結局何に使うでもなく置いてあっただけだった^^;)。
左端には演台が設置されている。

床がフラットなので、前の人の頭で幸ちゃんがちょっと見づらそうだけど
まぁほんの少し頭を動かせば見えないことはないだろう。
桜井さんと王子は、頭と頭の間からバッチリ見えそうだ(*^^*)。

場内には『Battle Starship Alfee』のナンバーが流れている。

開始予定時刻は18時30分だったけれども
まぁこういうものは定刻通りに始まらないのが世の常。
35分頃になって、ほぼ全員が着席したところで
本日の注意点などについてのアナウンス。
どこで喋っているのかわからないが、
おそらくユニバーサルミュージックのスタッフさんだろう。

「本日は、・アルフィー 
 Battle Starship Alfee スペシャルイベントにご来場いただき…」

「ザ?!」「ザ・アルフィー?!」とどよめく場内。
そしてそのドヨメキは笑いへと変化し、和やかな雰囲気に。

最後までそこは訂正されることはなく(^^;
「イベントは18時30分スタートを予定しておりましたが
 開始まで今暫くお待ち下さい」
とのこと…。

と、いいつつもそれまでかかっていた“今日のつづきが未来になる”が
そこからすぐにフェイドアウトし、“Battle Starship Neo”のイントロが
結構な音量で流れ始めた。18時37〜8分ってとこだったろうか。

本日の司会進行:安東弘樹(通称:アンディ)さんが登場。
演台の前に立って喋り始める。

安「みなさま、本日は
  Battle Starship Alfee スペシャルイベントにお越しいただき
  誠にありがとうございます。
  場内サイン会や握手会で既に盛り上がっておりますが…
  さっきも(「ザ」で)盛り上がりましたが…(笑)」

このトークイベントは、『Battle Starship Alfee』を購入し
抽選に当選した人が招待されている…という誰もが知っている趣旨を説明。
そして3年前『三位一体』の応募特典だったトークイベントの時も
司会を務めたというアンディ…

安「その時はTBSアナウンサーの安東弘樹でしたが
  今は《ただの》安東弘樹でございます。
  どうぞよろしくお願いいたします」

確かに《フリー》=《ただ》ではあるが…おもろい(^m^)。

安「それでは早速ご紹介いたしましょう!THE ALFEEのみなさんです!」。

上手の隙間から、
桜井さん・幸ちゃん・王子の順でステージに登場。

桜井さんは限りなく黒に近いチャコールグレーのスリーピース。
幸ちゃんは黒っぽいジャケットにスリムな赤いパンツ
ジャケットの下は白っぽいTシャツ。
王子は濃いめのブルーのいつものスタイルのスーツ。
素材はもちろん光り物、柄は大きめの花柄(?)。
(最後の方で「カーペットの生地」とか言っていたけど
 あれがカーペットだったら滑って危なくてしょうがないような気が…^^;)
フリルのブラウスは黒、髪は巻き髪、グレーのレンズのサングラス。

いつもの並び順でカウンターチェアに着席。
なぜかちょっとお尻を振りながら座る桜井さんに
「だ、大丈夫ですか?」とアンディ。


トークはいくつかのテーマに沿って展開。

【アルバム『Battle Starship Alfee』について】

●オリコンチャート初登場3位。
 昭和・平成・令和とチャート3位内獲得は素晴らしい
幸「3位っていうのがいいよね、アルフィーらしくて。
  ダントツ1位ってんじゃなくて、そこそこな感じが」
高「中途半端なところがね」
幸「10年後に大ブレイクするらしいですから。
  その時はバーン!とダントツ1位で!」

ちなみにアンディは「好きなアナウンサーランキング」で
自己最高位5位とのこと。
「いいところにつけてるね、中途半端なところに(笑)」と幸ちゃん。

●アルバムのレコーディングがツアー中になった経緯について
安「…これはどなたにお伺いしたらよろしいでしょう…桜井…さん?」
桜「えっ?…知りません」
高「これはですね、年明けに『そろそろどうですか?』と訊かれまして
  『え?何がですか?』『新しいアルバム…』『あっ!45周年だし?!』
  ということになったんですが、しばらく放置してました(笑)。
  それで2月1日から作り始めましたね」

発売日には絶対に間に合わないと思っていた桜井さん。
「1曲目からして壮大ですよね」とアンディが振ると…

桜「イントロからして2分近くありますからね。
  早めのカップラーメンが食べられます。
  最近CMでもやってるでしょ、2分でも美味しいって」

桜「また譜面が長いんですよ。長くて前に置けない!」
幸「こっからそこまでくらい」
桜「こうやって広げて、
  (ベースを弾きながら右方向へ移動しながら)演奏して
  あっ…って(左に)戻ってきて」
高「そんなに長くないだろ!。巻物じゃねぇんだから!」

王子曰く、今回のアルバムは'84年にリリースしたシングル
“STARSHIP −光を求めて−”にひっかけて
デビュー45周年に新たな宇宙に向かって飛びだしていこうという
思いを込めての『Battle Starship』とのこと。
ただしこの宇宙戦艦は戦わない。

高「(ジャケットの戦艦に)大砲がついてますけど
  ここから出てくるのは銀テープですから」
安「平和、ということですね」

●レコーディング中の苦労話や思い入れの深い楽曲について
小分けにしてレコーディングしていたので
「どの曲を録ってるのかわかんない」「全貌が見えない」と
桜井さんと幸ちゃん。

幸「最初、高見沢の『こんな感じ』っていうのがあって
  高見沢が安いギターで弾いたのを聴いて、
  それを僕の高いギターで…(笑)」
高「安いギターって!(笑)。安くはないよ!」

サビを録り直した“いつかの未来”について…
幸「最初は高見沢がサビのメロディを歌ってたんだけど
  『やっぱり坂崎歌って』って。…たっかいんですよ」
高「出来上がったのを聴いたら、なんかしっくり来なかったんです。
  それで坂崎にサビを歌ってもらって、その上を僕が行って、
  桜井がこう入って…(←↑身振り手振りを交えながら説明)
  そうしたら《アルフィー》になりましたね。
  アルフィーらしいコーラスに」

そして今回、作詞が速かったという王子…
高「速く書けたんでね、結構手直ししたんですよ。
  特に“進化論B”なんかは何度も何度も変えていきました。
  それでやってるうちにだんだん飽きてきちゃって。
  例えば『動物園のやつらはいつ坂崎になるんだ』とか…」
幸「サルか!」
安「では思い入れが強い楽曲は“進化論B”ということで」

アンディの半ば強引なまとめっぷりもステキ(笑)。



【8/3・4 幕張メッセでの夏のイベントについて】

安「高見沢さんは悔しい思いをされたんですよね」
客「(クスクス…)」
高「移動ステージっていうのがありまして、
  その移動ステージには穴が3つあるわけですよ。モニター用の。
  リハーサルでは桜井がそこに落ちたんですね。
  それで桜井に注意したんですよ、『バーカ』って」
幸「『バーカ』は注意じゃねぇだろ(笑)」
高「それなのに…それなのにっっっ…(項垂れる)
  桜井に誘われるままについていったら…」
桜「俺は別に誘ってねぇよぉ!(▼▼メ)」
高「本番で落ちてしまいましたっ…_| ̄|◯
  …悔しい。戻れるものならあの瞬間に戻りたい。
  あそこは(DVDでは)カットしますから」
客「えええええーーーーー」
幸「カットはないだろ。そこが面白いところなんだから」
安「芸人ではないので…(^^;」
桜「芸人以上ですよ!」



【8/25 大阪城ホールでの記念セレモニー&スペシャルコンサート】

●オープニングについて
安「オープニングが宇宙戦艦アルフィーという感じの
  凄い登場だったと伺いましたが」
高「いや、それは幕張ですね。宇宙戦艦は幕張」
安「あっそうでしたか。ワタクシ完全にスタッフに騙されました」
幸「大阪はただ歩いて出てきただけ(笑)」

●今までステージでやったことのない曲をやった=新曲みたいなもの。
「だってその頃、俺まだベース弾いてなかったんですから」と桜井さん。

●“卒業”という曲は、最初は“君の部屋”というタイトルだった。
 歌詞も『君の部屋は緑色のカーペットで ピアノがあって 白い壁で…』と
 まるで部屋の様子をそのまま歌詞にしたものだったそうで…
高「おまえは不動産屋か!と言われました」
幸「不動産屋とは言ってないだろ(笑)。
  部屋の説明してどーすんだって言ったんだよ」
高「ホントに部屋の説明だったんです。
  『テーブルには薔薇の花が飾ってあって…』とか。
  それで書き直してああいう歌になりました」

●“帰郷”について
高「今聴くと凄いよね。歌詞が。
  『もう二分ですべてが想い出に変わる』…
  なぜ2分と限定していたのか。
  それはあと2分で列車が出発してしまうからなんですね!」
幸「どう考えたってそうだろ!」
桜「言っとくけどおまえが作ったんだからな?!」

3人とも「列車に乗って(男女が)別れる」という経験がない。
すべて王子の創作。
幸「“夜汽車”とかもそうだよね。
  高見沢すげぇな、こいつは小説家になった方がいいんじゃねぇかって思った。
  “夕なぎ”もだな。日本海とか」
高「あの頃日本海なんて行ったことなかったもんなぁ!。
  だいたい列車に乗ることなんてなかったですよ。
  電車には乗ってましたけど。
  電車に乗ってドアに頭を挟まれたことはありましたけど。
  緑の電車に緑の服で挟まれたんです。オールグリーンですよ!」
桜「駅で『じゃぁな』って別れたら、
  (高見沢の持ってた)紙袋がドアに挟まっちゃって
  運転手さんもそのまま発車するわけにはいきませんから
  一旦ドア開けたんですよ。それで紙袋が取れて
  『あ〜良かった』ってこうやった(=頭下げた)ら
  (左右から)ドアに頭挟まれたんですよ?!。
  俺、そのあと原宿の駅で30分笑ってた」

これにはアンディも大爆笑(^^;。
ファンにとっては有名な話だが、何度聴いても面白い。

●センターステージ
幸「360度お客さんがいて、1曲歌うごとに
  僕らがマイクを持って回ったんです。
  いや〜大変だった!移動の距離が長くて!」
高「オイ!。おまえが一番(移動が)少なかったろ!」
桜「どの口が言うんだ!
幸「この口だよ!この口!」
高「おまえは周辺だけだったろ!」

物凄い勢いで幸ちゃんに詰め寄る桜井さんと王子(^^;。

でも、マイクスタンドを自分達で運んで移動しながら
ワシントンD.C.でのビートルズのコンサートを思い出したという幸ちゃん。
そのビートルズのコンサートでも360度全方向にお客さんがいて
メンバー自らマイクやアンプのセッティングをしていたそうだ。
幸「それでリンゴが歌う時がまた凄いんですよ。
  ドラム叩きながら歌うんだけど
  ♪I wanna be your lover baby, I wanna be your man〜って1曲だけ。
  それもジョージとかがリンゴのマイクをセッティングしてんの。
  それを思い出して、僕らもちょっとビートルズみたいだななんて思いました」

ここでアンディ「ちょっと自慢してもいいですか?」。
どんな自慢かというと、以前アビーロード・スタジオで
リンゴが叩いたというドラムを叩かせてもらったことがある…というもの。
高「なに?それってちゃんと『リンゴが使ってたドラム』ってなってんの?」
安「いえ、スタジオの隅で打ち捨てられたようになっていて
  ちゃんとドラムセットにはなってないんです。スネアとかもなくて」
高「それは…ウソだな」

王子、アンディの自慢を一蹴(^^;。



【来場者からの質問コーナー】

質問(当選ハガキ)が入れられた抽選箱に、
メンバーが手を突っ込んで1枚選び、それに答えるという方式。

まずは桜井さん。箱の中からハガキを1枚取り出す。
本当はメンバー自身がその質問を読むという段取りだったようだが
チラッとだけ見て「読んで。ちっちゃい字見えないんだ」と
すぐさまハガキをアンディに手渡す桜井さん。

●『前は許せなかったけど、今は許せる。
  大人になったなぁと思うことを教えて下さい』
桜「…昔は怒ってたけど、今は怒らなくなったなー。
  でもそれは許してるんじゃなくて諦めてる」

そして桜井さんが注文した出前を、王子が先に食べてしまい
しかも「まずい!」と言う、ファンの間では有名な話。
高「毒味をしてさしあげてるんですよ」
桜「毒味だったら『なかなかよろしゅうございました』とかでいいだろ」

桜井さんと王子、二人でひとつのチャーハンを分け合って食べていたが
王子がチャーハンの下にトンネル掘ってた、というこれまた有名な話も。

幸「よくカツ丼の上に乗っかってるたくあんとかも食っちゃうだろ」
桜「そう(▼▼)!!」
高「だってあれ、食わないだろ?」
桜「食べますよぉ!。ちゃんと順番に食べるんですから!」

こんな感じで話の内容は今まで幾度となく聞いてきたものが多いけど
会話が白熱してくると思わず立ち上がっちゃう桜井さんや王子が
おかしくて仕方がない(^m^)。
そうかと思えば、マイク使わないで喋っちゃう王子とか(笑)。


●『5年後の50周年に向けて、今から頑張っていることはありますか?』
桜「やっぱり健康ですかね。人間ドックもちゃんと受けてますし」

ここで髪の話になったんだったか…

高「『JUST LIVE!』の時の桜井、カッコ良かったな〜。
  『JUST LIVE!』の“BLUE AGE REVOLUTION”、
  ホンットにカッコ良かった!。またリーゼントやってよ!」
桜「ホントにしつこいヤツだな。やりたくたってできねぇんだよ(▼▼メ)。
  …長い友達がいなくなっちゃったんだから」

安「坂崎さんはいかがですか?」
幸「桜井も言ってたけど、やっぱり健康ですかね。
  筋トレしないと!筋トレ!」
桜「おまえは骨(こつ)トレだろ。筋肉なんてないんだから」
幸「よし、骨トレに筋トレだ!」
安「坂崎さん鍛えてるんですか」
幸「鍛えてますよ!。腹筋と腕立て、1日1回ずつ(笑)」
高「それ鍛えてるって言わないだろ!」
安「いや〜、やらないよりはやった方がいいですよ」
幸「1回でも?(笑)」

王子は「古希になってもコントをしっかりやりたい」と。
幸「古希になってもコントやるの?」
高「だってそこは…コントやらなくなったら、みなさんが察するでしょ」
幸「あぁ、察するね」
桜「酷いんですよ、髪の毛のネタが…」
高「おまえらが勝手にやり出したんだろうが!。
  最初は違ったんですよ!。
  そんなこと全く(台本に)書いてなかったのに
  二人が勝手にやり始めたんです。それが面白くて(笑)」


●『野外コンサートはしないのですか?。50周年に野外、どうですか』
確かこの質問をした方(男性)が、なかなか体格の良い方で
アンディが「何かやってるんですか?」と尋ねたところ
毎日走っているらしい。

高「ほぉ〜、いいですね」
幸「高見沢みてぇだな。高見沢、昔走ってたんですよ。
  朝起きると『走ってくる』つって。
  『おれは男だ』の森田健作さんじゃないんだから。
  『吉川く〜ん!』とか言って」
安「今度はものまねが出ました(笑)。
  みなさん結構(『おれは男だ』を)ご存知ですね」
桜「結構知ってると思いますよ」

で、野外コンサートについては…
「どうでしょうねぇ」「みんなだってキツくない?」という幸ちゃんや王子。
アンディが客席に向かって「野外やって欲しい方!」と尋ねるも
挙手した人は意外に多くない。

桜「殺人的だとわかっていることをやってはいけません。
  これからもっとどんどん暑くなっていくんですから」
高「熱中症とかね」
桜「昔は熱中症なんてありませんでしたからね」
幸「あとは場所だな。前にさ、国立(くにたち)だっけ?」
高「国立?!。立川だろ」
幸「立川か」
高「昭和記念公園ですよ」
幸「あの時駅から遠くて大変だったでしょ?。
  前日に雨が降って地面が…もう蒸して蒸して。
  ああいうのがあると大変だよね。
  …あとは時期を変えるかだな。あんまり暑くない時に」
安「4月とか10月あたりいかがでしょう」
高「ただ、今は騒音問題とかもありますからね」
幸「なにかっていうとすぐクレームになりますから」
安「騒音問題にまで言及するアルフィー、さすがです」


最後の質問。一巡して桜井さんが引く。
そしてまたアンディにハガキを手渡す。
安「ワタクシも最近(老眼が)あやしくなっておりますが」
高「アンディ何歳?」
安「ワタクシ現在51歳です。10月で52歳になります」
高「52?!。おまえ若いな!」
幸「干支は?」
安「えー…未(ヒツジ)です」
幸「じゃぁ桜井と一回り違うんだ」

アンディ、アタシと同い年だったんだ(・o・)。

安「ニックネーム:茶◯さん。お茶の茶に◯でチャ◯さんです」
幸「チャ◯&飛鳥!」
桜「シィーッ!d(▼ε▼)」

…(^^;(^^;(^^;。

●『50周年ここぞという時に魔法が使えるとしたらどんな能力が欲しいですか?』
「やっぱり声でしょうね」と桜井さん。
桜「5年後もちゃんと声が出るようにしたいです」
安「でも桜井さん、まだまだ大丈夫でしょう」
桜「今はね…。でも5年後はわからないよ」
幸「休肝日を1日増やすとかはないの?。週3日休肝日にするとか」
桜「いや、別にいいですけど…」
客「おぉ〜」
幸「いいの?」
桜「そのかわり1日に飲む量が増えるだけです」

幸ちゃんも「70になっても20代の時のような声と体力」。
幸「2時間でも3時間でも立っていられるような。
  やっぱり筋トレだなっ(ポンっと自分の腿を叩く)」
高「…フッ( ̄m ̄)」
幸「おい!。フッ!っていうなフッ!って」

王子は…
高「体力や髪型を自由に操れる能力です!。
  (桜井さんを指差して)JUST LIVE!リーゼントっ!!!」
桜「ホンットにしつこいヤツだなっ!(▼▼メ)」
高「(幸ちゃんを指差して)鶴瓶!」
幸「鶴瓶って!(笑)」

高「…永遠とまでは言わないけど、できるだけ長く
  3人で続けられる魔法を使いたいですね」

ふざけていたと思うと、さりげなくグッと来ることを言う王子(・_・、)。



安「さぁ、それでは最後になりました。
  お一人ずつみなさんにメッセージをお願いします」

ここで突如“はじまりの詩”がBGMとして流れ始める…。

幸「この音楽、すごくねぇか?(^^;」
安「感動的に、ということで」


以下、3人のメッセージ(だいたいな感じです)。

桜「先日45周年を迎えて、あぁ、45年っていいなと思いました。
  45年やってきましたけど、ただ生きてるだけではここまで来られません。
  みなさんがCDを買ってコンサートにも来てくださるから
  こうして続けてこられたんです。
  今日も全国から集まってくださって本当にありがとうございます。
  遠くから、九州の豪雨の地域から来てくださった方も
  いらっしゃるかもしれません。どうぞお気をつけになってください。
  本日はどうもありがとうございました。

幸「桜井さん、完璧なコメントありがとうございました。
  45年前、二十歳の時にまさか65歳までやってるなんて思いもしませんでした。
  うちの爺ちゃんで60過ぎまで生きた人いないんですから。
  みんな50代で死んじゃってますから(僕は)長生きの方なんですよ。
  その時に思い描いていた60代と今の自分とはだいぶ違っていると思います。
  当時は運命的な出会いなんて思ってなくて
  僕と桜井が会ったのもたまたまだし、高見沢と会ったのだってたまたま。
  このままいけば古希、50周年、そしてライブ本数は3000本。
  その先はもしかしたら80歳、下手したら90?。
  頑張っていこうと思いますのでこれからもよろしくお願いします」

高「オリジナルがない状態でデビューして、
  今では全てオリジナルのアルバムを出せるようになりました。
  45年続けてこれたのは、僕ら3人で変わらずにやってきたことと、
  それと皆さんのサポートがあったからです。
  いろんなバンドがありますけど、
  僕らのやり方がどのバンドにも当てはまるわけではありません。
  45年続けてこられたということは、
  僕らは本当にラッキーだったと思っています。
  これからも、遠くに、いつかの未来に、
  向かっていこうと思っていますので、よろしくお願いします。
  本日は本当にどうもありがとうございました」

安「THE ALFEEのみなさんでした。ありがとうございましたー」

上手方向に、王子、幸ちゃん、桜井さんの順で帰っていく。
客席を振り返ることもなく意外にそっけない王子(^^;。
しんがりの桜井さん、最後に立ち止まってくるっと振り向く。
「キャァッ!♥」というオーディエンスの歓声に
「あぁっ、最後看板で見えなかった!」と残念そうなアンディ。

最後は司会のアンディを見送って、
再びユニバーサル・ミュージックの方のアナウンスで終了。
「どなたさまも、お忘れ物のございませんように…」と。
うむ、今日聞けた話もできる限り忘れずに持って帰るぞ。


時計を見ると19時25分。
正味50分ってとこか。
1時間にも満たなくて「え〜もう終わり?」と思ったけれど
ラジオの1時間番組で喋ったと思えば、そこそこな長さ。
思えば今日もずーっと顔が笑った状態で固定(^^;。
そして最後はジーーーン(・_・、)とさせてくれる。
とっても素敵な時間を過ごさせてもらった。


夏イベ2days、大阪での記念コンサート、そして今日。
8月に4回もアルフィーに会えるなんてことは
長年ファンをやっていておそらく初めてだと思う。
なんだか怒濤の8月だった。

そんなこんなで今月はいっぱい仕事を休んじゃったけど、
快く送り出してくれた職場の上司や同僚、
それととりあえず元気でいてくれた両親(^^;、
そして今回もまた素敵な時間を提供してくれた
ユニバーサルとTHE ALFEEに感謝、である。


これでようやくアタシの中での今年の夏も終わった…。

つづきは『秋の乱 Battle Starship Alfee II』!。 

コメント(24) 

コメント 24

なき

いつもレポートありがとうございます。

私は握手会参加しました。16時集合でサイン会の人と同じ集合時間でした。先に握手会、後にサイン会でした。
握手会は、完全仕切りがあり他のメンバーは見えませんでした。
私は高見沢さんとさせていただきましたが、高見沢さんのオーラに飲み込まれ、係に流されるように握手、約5秒
高見沢さんは最高のニッコリ笑顔で、オーラバリバリ。割合ゴツゴツしつつサラリとした肌触りでした

自分はオーラに飲み込まれ、高見沢さんに会えたら言いたかったこと
(マラソンソングを聞いて頑張って夢を叶えたこと)を言うのが精一杯で、高見沢さんに何か言ってもらったけど記憶になく、
楽しむ余裕もなく終了しました

その後家族旅行で来ていた千葉の某夢の国に着いたときに現実に戻り
メンバーと握手・話すことは
夢の国以上なんだと実感しました

alfeeは最高です!!
by なき (2019-08-31 20:50) 

葉月

こんばんは。
私はサイン会に参加しました。

話す・・・と言うより、「お願いします。」と「ありがとうございます。
」という言葉を発するのが精一杯でした。

高見沢さんは、○○さん?と名前を確認し苗字の方も途中まで声に出して確認してました。
最後に高見沢さんが顔上げて「いつもありがとう!」という言葉ともにサイン色紙を受取りました。その時の高見沢さんの表情は忘れられません。

また1つ宝物が増えました。

by 葉月 (2019-08-31 21:51) 

YAYOI

梅屋さんも他の方もメンバーと会えて良かったですね♪
私も10年以上前に高見沢さんのサイン会と握手会に参加できましたが、取り乱さないように握手するので精一杯でした。
同じ人間とは思えないあのオーラには圧倒されますよね。
by YAYOI (2019-08-31 22:50) 

霞

梅屋さんをはじめ当選された皆さん、おめでとうございます
幸せな時間を過ごされたようで羨ましい限りです

私は梅屋さんも当選された、2015年の高見沢さんソロの特典、ト-ク&握手会に当選以降、落選ばかりです(T_T)
あの時、確かに高見沢さんと握手したはずなのにあまりに超スピ-ドすぎて感触も実感もないままでした
1人2秒くらいでしたっけ?(笑)まさにベルトコンベア-状態でしたよね
実は私、その前年の4SHOTにも当選してまして、本当に一生分の運を使いはたしたのでは?と思っております
でもそろそろ、当選したいなぁ
次回に期待します
by 霞 (2019-09-02 12:46) 

Kー子

梅屋さん!
夏の終わりに 大っきな隠し球を
持ってましたね〜
おめでとうございます!

某グループの京セラ公演で
1桁目がでて大騒ぎだったり
私のまわりは かなり華やかな週末でした

そろそろ わたしにも幸運が
舞い込むに違いないと
胸を膨らましてたところ
さっき 帰宅したら みどりの封筒が
神戸の(;_;)

残暑がキツイところに
ボディブロー (;_;)
by Kー子 (2019-09-03 19:36) 

ちあき

お~、梅屋さんありがとうございます。
楽しさが伝わってきて、私の表情も緩んでおります。

私、当たったことないんですよね何も(笑)
でも、ライブに行けるだけでありがたいと思うこの頃。。。
1枚の当選ハガキや当選メールに拝む日々です。
ありがたや~(笑)
by ちあき (2019-09-05 08:02) 

YAYOI

梅屋さん、レポありがとうございます!
会社でお昼食べてから読みました♪
(食べながら読めなかったのが本音(笑))
読んでる間中顔が弛みっぱなしで、時々吹き出して、とても楽しい昼休みになりました!
もし落ち込む事があったら、このレポを読み返そうと思います。

最後に、梅屋さん、こんな素敵な時間をお裾分けしてくださって、本当にありがとうございました!
感謝します!
by YAYOI (2019-09-05 12:34) 

葉月

梅屋さん トークイベントのレポありがとうございました。

私も、お昼休みに拝読しました。
もうその場にいるような気分でした。

わたしは、当選ハガキを手にした時は、ポストから夕刊やチラシと
一緒に手にし・・・ローマ字で?という表記を見て、
もしかしたら・・・と、改めてよ〜く見たらビックリという感じでした。

今、あの日の事を思い返すと、楽しそうにサインをしているように感じました。間近で高見沢さんを見て、大きい、がっちりしてるなと思った事は・・・ナイショです。


by 葉月 (2019-09-05 17:59) 

梅屋千年堂

>なきさん
握手会の様子を教えて下さってありがとうございます。
「最高のニッコリ笑顔」だなんて
…くぅ〜っ、想像しただけで倒れそうです(笑)。

夢と魔法とネズミの国で現実を感じるほど
王子との第三種接近遭遇は異次元ワールドだったのですね。
(わかりますわかります〜)。
しばらくは(あるいは一生?)これを糧に頑張れますよねー(*^^*)。




>葉月さん
サイン会の様子を教えて下さってありがとうございます。
なんだかもう、なきさんのご報告も、葉月さんのご報告も
想像するだけでこちらまで思わず顔が
ニヘラ〜となってしまいます(←危ないヤツ)。

サインのみならず、この経験すべてが下方ですね(^_^)。




>YAYOIさん
今回アタシはトークイベントでしたので
4年前の握手会ほど舞い上がることはありませんでした。
(質問も読まれなかったし^o^;)。
しかしみなさんのご報告を聞いているだけで
あの日の感覚が蘇ってくるようでした。
もう還暦を過ぎようが古希になろうが
メンバーがどんなにおじいちゃんになろうとも
こういう企画には一生ドキドキできそうな気がします。




>霞さん
4年前の握手会は短かったですよね〜。確かに2秒、それくらいでした。
でもあの時の「ちょぴりひんやり&ギュッ」は
いまだに鮮やかな記憶としてアタシの中に残っています。

>>でもそろそろ、当選したいなぁ
こういうのって、ある一定のサイクルがあるような気がします。
霞さんにもそろそろ何かでっかいのが来るかもしれませんね(^_^)。




>Kー子さん
3人(とアンディ)の楽しそうな様子にこちらも終始笑顔。
2019年の夏を楽しい気分で締め括ることができました。

いつも頑張っているKー子さんですから
いつか必ず物凄いヤツが降りてくると思います。
神戸の返金は残念でしたが、チャンスはまだありそうなので
無事にチケットが取れるよう願っておりますよ!。




>ちあきさん
もう情報量があまりにも多すぎて
レポなんて無理無理絶対無理!と思っていましたが、
どうにかこうにかアップしてみました。

>>私、当たったことないんですよね何も(笑)
アタシもこういうのに当たるようになったのは、
30年以上やっててここ4〜5年の話です。
なのでいつか必ずちあきさんも当たる時が来ると思います。
CDを買って応募し続けていればいつかきっと…(^^;。

とはいえ「ライブに行けるだけでありがたい」
…ホント一番はこれですよね。




>YAYOIさん
情報量が多いのと内容が濃いのとで
なかなかうまくまとまりませんでしたが
少しでも雰囲気が伝われば幸いです。
ホントはね〜、もっともっと面白かったんですよー。
自分の伝える力が拙すぎて歯痒いです(^^;。




>葉月さん
当選ハガキ…思わず二度見しますよね。
そして次の瞬間、目が飛び出してこんな顔になる→(◎0◎;;)。

>>楽しそうにサインをしている
王子、なんていい人なんでしょう〜。
どうですか?改めて惚れ直したのではないでしょうか?(^m^)。

by 梅屋千年堂 (2019-09-05 19:29) 

こたろう

詳細レポありがとうございますー
トークCDがあれだけ面白いんですもん
生はもっと楽しいですよね!

良いなぁ
羨ましいなぁ
…いつかアタシも!と思いを胸に
金蔓労働頑張りまーす!

by こたろう (2019-09-05 20:27) 

梅屋千年堂

>こたろうさん
3人のトークを生で聴ける(観られる)という
貴重かつ最高に楽しい時間を過ごさせてもらいました。

THE ALFEEはまだまだ頑張ってくれそうですから
きっといつかこたろうさんにも幸運が巡ってくると思いますよー。

by 梅屋千年堂 (2019-09-05 21:10) 

おかん

トーク会のレポありがとうございます。楽しく読ませていただいていましたが途中からなぜか感動?涙が・・。
大阪城のセレモニーも仕事で行けず・・、内心ちょっと仕事辞めたくなってしまいましたが、それではいかん!!
今年の夏は幕張の2Daysにかけました。それでムキになって2日間通った私です。
秋と冬はいっぱい行くぞー!
by おかん (2019-09-06 07:24) 

マベパール

トークイベントの様子を知ることができて嬉しいです、レポありがとうございます。素敵な時間を過ごされましたね~!

この夏はナマのお三方に縁がなかったワタシですが、こうしてお裾分けをいただけて感謝、感謝でこざいます。いつかお返しができるよう、息長くお三方の応援を続けていこうと思った次第です。
by マベパール (2019-09-06 19:09) 

梅屋千年堂

>おかんさん
城ホールはお仕事でいらっしゃれなかったのですね。
でもそこで頑張った分、きっといいことが待っていると思いますよ。
アタシもここのところ、本来休日の水曜日に出勤になることが多く
少々腐り気味でしたが「これではいかん」と開き直ることにしました(笑)。

秋のチケ取りもラクじゃないけど頑張りましょー!。




>マベパールさん
拙いレポですが、少しでも雰囲気が伝わったのなら幸いです。

アルフィー三昧となった8月ですが
メンバーはアタシ達以上に忙しくて大変だったハズ。
ホント、感謝してもしきれませんね。

by 梅屋千年堂 (2019-09-06 21:38) 

ナッキー

最近はアルバムやシングルも1枚しか購入していないので(^-^;こういう特典に応募出来ていないです(;O;)
マサルさんや幸ちゃんとは握手をしていただいたり、サインを書いていただいたりということは何度かあるのですが、高見沢さんだけは未だに無くて。
手を伸ばしたら触れられるくらいの距離に高見沢さんがいたらどうなっちゃうんだろう?やっぱり泣いちゃうかなぁ(^-^;


by ナッキー (2019-09-07 22:38) 

梅屋千年堂

>ナッキーさん
>>何度かある
「何度か」あるのですか!。それは凄いことではないですか〜。
アタシなんて後にも先にもメンバーとの第三種接近遭遇は
4年前の王子の握手会&トークイベントしかありません(^^;。
しかし、もはやこの1回きりでいいと思えるほど「心の家宝」です。

>>やっぱり泣いちゃうかなぁ(^-^;
信じられなさ過ぎて笑っちゃうかもしれませんよ。
(多分アタシは笑顔が引きつっていたと思います笑)。

by 梅屋千年堂 (2019-09-07 23:14) 

みと

レポートありがとうございます!!

実は私もトークショーに当選し、いそいそ参加しておりました。
当選の葉書をいただいた時は何度も確認しなおしたと同時に、質問欄があることに気付き、読まれないよね、と思いつつ前日まで頭を悩ませることに。
このようなトークショーなど当選する事自体初めてで、当日も周りの人に助けられました(>ㅅ<)

一言も漏らさず聞いて、なるべく記憶しておかなくては!と思ってのぞんだのですが、お三方を見た途端ポーッとしてしまって、終わってみたら記憶が穴だらけ。
思い出そうと頭を痛めてたところ梅屋さんの素晴らしいレポートが!!
ありがとうございます、記憶がだいぶん繋がってきました。

ありがたい時間をいただいた、貴重な体験、大切にしなければと思いました。

あと私もG列でした(*´艸`)
by みと (2019-09-08 13:36) 

きよ

トークイベントのレポありがとうございます。3人の楽しい空気を感じることができました。貴重な体験、羨ましい限りです。
次は秋の乱、待ち遠しいですね。返金の情報が飛び交う中、我が家には昨日神戸のチケットが届きホッとしているところです。あと2ヶ月、楽しみに待ちたいと思います。
台風が近づいてますが、梅屋さんは月曜日出勤ですか?気をつけてくださいね。
by きよ (2019-09-08 18:26) 

宮p

本当梅屋さんの強運にはいつも驚かされるばかりです!(^^)
私の友達は坂崎さんのサイン会に応募したみたいですが、ハズレたよーでした…(^^)
三人のいつもの感じが凄く良くわかるレポでした。でも場所が違うとこれまたいい感じで話が聞けますよねっ!(^^)v
秋ツアーも少しずつ近づいてきて、またあっ!という間の3ケ月をワクワク楽しみましょー!(^^)
話しは違いますが、梅屋さんは電車大丈夫でしたか?凄いことになっていてビックリしました!友達の会社のかたが引っかかったと言っていました。直接事故に遭ったわけではないのですが…
それでは、初日のレポ楽しみにしております!(*^^*)
by 宮p (2019-09-08 19:21) 

梅屋千年堂

>みとさん
みとさんもあの場にいらしたのですね!。
しかも同じジジー…いえ、G列に(^^;。

今までいろんなところで聞いたことのある話が多かったとはいえ
やっぱり生で聞くと面白さが倍増しますね。
エキサイトすると思わず立ち上がってしまう桜井さんと王子、
そしてそれに挟まれてニコニコ(ニヤニヤ?)している幸ちゃんが
観ていて面白くて仕方ありませんでした(笑)。
今思い出しても軽くニヤけてしまいます(^m^)。

生アンディもステキでしたね(^_^)。




>きよさん
お粗末様でございます。
少しでも雰囲気が伝わったのなら
こんな拙いレポでも上げた甲斐があるというものです(^^;ゞ。

もうお手元にチケットが届いているのですね。
やっぱり実際のチケットを手にすると安心するし実感も湧きますよね。
うちにも早く来ないかな。

もちろん明日は出勤です。
でも普通のお勤めの方よりも少しだけ遅めの出勤なので
もう雨はそれほどではないのではないかと思っています。
それよりもこの後の深夜〜明け方がオソロシイです(-_-;。

追伸:ダブって投稿された分は削除させていただきました。
   So-netブログ、時々こういうことがあるようです。スミマセンm(_ _)m。




>宮pさん
強運…なんでしょうか。
自分が強運だと思ったことなどないのですが
もしそうなのだとしたら神様に感謝しないといけませんね(^^;ゞ。
(神様…というか川崎大師かな?笑)。

もう秋ツアー開幕まで1ヶ月切ってますね(・o・)。
まだ半袖で「暑い暑い」と言ってますが、
そのうちライブに出掛けるのにジャケットを着るようになり
コートを着るようになり、ダウンを着るようになり…
今年も終わっていくのでしょうね。

>>電車
あの日は仕事も休みだったので、テレビでニュースを観たときは
「大好きな京急がぁぁぁぁぁ〜〜〜∫(TOT)∫」でした。
それにしても2日で復旧してしまう京急オソルベシ!です。

by 梅屋千年堂 (2019-09-08 22:28) 

おかん

城ホールの件、優しいお言葉ありがとうございます!
とりあえずMy初日は宇都宮です♪

8月の終わらない夢でも、「お名前だけでも・・」のコーナーで桜井さんに呼んで頂きましてまた思い出が1つ増えました。ALFEEファンは幸せですね。
by おかん (2019-09-09 07:43) 

梅屋千年堂

>おかんさん
おかんさんのお便りって本当にラジオでよく採用されますよね。
おかんさんの書く文章が人を惹きつけるからでしょう。
またそこから面白い方向に話が膨らむんですよね〜(^_^)。
「聞き上手」という言葉がありますが、
おかんさんは「話させ上手」なのかも。見習いたいです。

by 梅屋千年堂 (2019-09-09 21:00) 

ナッキー

横からすみません、私もラジオを聴いていておかんさんのお名前が呼ばれた時「おかんさんじゃん!!」とまだお会いしたことないのに叫んでしまいました(^-^;何故か自分の事のように嬉しかったです(^^)

梅屋さんは生アルフィーと共に生アンディーにもお目にかかっていたのですね。
局アナ時代から結構アンディー好きだったんですよ。普通に男前ですよね(^^)
by ナッキー (2019-09-09 22:58) 

梅屋千年堂

>ナッキーさん
ラジオでよくお便りを読まれるみなさんは
本当に凄いなーと思います。
きっと身近にいても話題豊富で楽しい方なんだろうなと
勝手に想像しています(^_^)。

アンディ、若く見えるしカッコよかったです(*^^*)。
眼福な1日でした。

by 梅屋千年堂 (2019-09-11 12:36) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。